phone_iphone 03-6682-8019
受付時間:10時〜18時
(土日祝日・年末年始・GW除く)

介護派遣という働き方 ~ 時給・給料の平均額は?

介護職で働こうと思う時、いろいろな求人情報をご覧になると思います。できれば、これからの生活を考え、良いお給料のところを選びたいものです。そこで気になるのが、派遣のお仕事…。派遣社員の給料の実態は?パートや正社員に比べて、立場が弱いの?今回は、そんな介護派遣の気になる実情を特集します。

介護 事務

介護派遣の時給・給料はなぜ高いのか

パートや正社員に比べてみた場合、派遣社員の方が時給が高いことにお気づきかと思います。例えば、同じ施設で働いていても、パートの時給は950円なのに、派遣社員の場合1200円ももらっていることがあります。不公平だなあと思う方もいるでしょう。それにはこんな雇用体系の違いがあるのです。

派遣社員の場合

派遣社員は、労働者派遣法に基づいて派遣会社に雇われています。そのため、契約期間が1~3ヵ月程度の短期が多いです。そして、施設側、派遣社員の合意があれば、また短期契約がくり返されます。その契約期間満了でその職場は終わり、というケースも多いです。

派遣社員を一人雇うためには、本人への給与と、派遣会社への手数料がかかります。施設側からすると、直接雇用のパートを雇えば、人件費の節約になるわけです。派遣社員のメリットは、「短期契約のため、高時給で働けること、職場が合わなかった場合は契約を更新せず、他の職場を探しやすい点」、デメリットは、「雇用の安定性に欠ける」といったところでしょう。

高時給の派遣にこだわりたいために、3ヵ月ごとに施設を変えるようなライフスタイルを選ぶ方もいます。次の職場が決まるまでに少し日が空くリスクと、職務内容や人の名前などを最初から覚える必要がデメリットでしょう。

直接雇用のパートや正社員は…

パートや社員は、施設の直接雇用ということになります。そのため雇用期間に定めのない場合が多く、安定しやすいと言えます。万一辞めさせられるような場合でも、解雇の1ヵ月前には、本人に通告する義務があります。もしも、即時解雇となる場合には、解雇予告手当などを受け取ります。待遇面では、福利厚生などが受けられ、時給以外にボーナスの支給が出たり、若干の昇給があったりします。

※最近は派遣でも充実した福利厚生を受けられる場合も多く、差はなくなりつつあります。

有給休暇など

気になるのが有給休暇制度ですが、パート、正社員は法律では6ヵ月目から支給(契約条件によっては即日などいろいろ)されます。 派遣社員の場合は、同じ派遣会社であれば、次の施設に変わっても雇用期間の切れ目がなければ6ヵ月からになっています。 週に4日、30時間未満での就労の場合には、正社員(フルタイム)と同等の日数は付与されない場合が多いです。

介護派遣の時給の平均額

それでは、介護派遣の時給平均はどうでしょうか。おおむね、パート勤務の場合に比べて、相場で言うと200円~400円程度高いです。ただし、時給の額は、保有資格、経験年数、地域、派遣会社によって、かなり違いがあります。

地域

東京など、都市部ほど高い賃金になります。厚生労働省が定める最低賃金額は、2017年現在で、東京の958円を最高として、最低が737円とかなりの違いがあり、介護派遣の時給もそれに応じて高低があります。

保有資格による違い

  1. 無資格者
    無資格で働ける職場もあります。経験者であれば、さらに派遣会社との相談で、高時給を稼げる場合もありますが、一般的には東京で1050円~1200円程度です。

  2. 初任者研修終了(ヘルパー2級)
    1200円~1400円程度でしょう。一番取りやすく、求められる資格です。

  3. 介護福祉士資格
    1300円~1500円程度です。介護福祉士、社会福祉士などの有資格の場合、生活相談員の立場で雇用されると、かなり時給が高くなります。

介護派遣の給料の相場

  • 派遣社員の月収は
    たとえば、時給1200円で週5日8時間フルタイム(残業なし)で20日勤務の場合

    1200×8×20=192,000円

    なお、派遣社員の場合、交通費、社会保険の加入があるかないかは、確認すべきポイントとなります。社会保険は、特に2ヵ月以下の契約期間では入っていない場合もあります。厚生年金、健康保険について、会社が半額を負担する制度です。

    社会保険は、配偶者の扶養に入っていない場合は、自己負担で国民年金、国民健康保険を支払うことになるので、長い目で見て入っている方が有利です。また、時間外時給は、1.25倍になります。派遣社員は、時給が高いため、人件費の節約で残業をさせない職場もあります。

  • パート社員の月収参考例
    たとえば、時給1200円で週5日8時間フルタイム(残業なし)で20日勤務の場合

    1000×8×20=160,000円

となります。

介護派遣の夜勤の場合の時給・給料

また、夜勤専従という雇用条件も給料面で魅力です。深夜割増が付きますので、22時から5時までの時間帯は、日勤帯の時給の1.25倍になります。

夜勤専従の場合の例

勤務時間 16時~翌日朝10時 休憩は2時間
実働16時間 1回の勤務で、2万9640円 このような勤務であれば、ひと月に8回の勤務で、24万円近く稼ぐことも可能です。


夜勤専従のメリットとデメリット

夜勤専従はとにかく少ない人数が特長で、職場によってはワンオペレーションということもあり得ます。ご利用者の要介護度が高い場合、またコールが多い場合などは、かなり心身共にヘトヘトになることもあるでしょう。また、ご高齢の方を相手にしているため、まれに思いもよらないような事象が起こりうるので、緊急時の対応をよく引き継いでおいた方がよいでしょう。

逆に、自立度が高く落ち着いた職場であれば、あまり仕事も多くなく、むしろ日勤帯よりもおだやかに過ごすことができることもあります。施設の仕事内容とその時のご利用者次第ということになります。一方で、夜勤専従などは、昼夜逆転するため、合わなくて体調を崩しがちになる方もいると思います。よく体調を整えることが重要です。

まとめ

介護の仕事は、いろいろな指導や研修を受けながら学び、ステップアップするものです。施設で仕事をしながら学び、育っていくものです。施設や派遣会社で資格取得制度があったり、独自の研修を受けられたりする場合もあります。派遣では、即戦力を求められたり、施設の研修を受けられない場合もあります。

いろいろな職場を経験してみたいということであれば、一つの職場にとらわれない就業形態として、トライしてみてもよいかも知れません。また、直接雇用と違いいくつか職場を変わることになるため、「短期派遣のため」、「同じ派遣会社の契約で別の職場に変わった」ということで、すぐに仕事を辞めてしまうといった悪印象を与えないで済むこともメリットと言えるでしょう。

加えて、職場でうまく行かないことがあった場合など、派遣会社の担当者が間に立って調整をしてもらえることや、自分に合った仕事を選んでもらえる可能性もあります。自分自身のステップアップや成長を考えながら、安心して仕事を続けるために、よい職場を選べるように願っております。この記事が参考になりましたら、シェアをお願いいたします。

     

キャリアアソシエイトがすぐに対応致します!

皆様の不安や疑問にもしっかりお答えし、お仕事の内容だけでなく今後のキャリアについても細かくお話しながら最適なお仕事をご案内いたします。 まずは弊社キャリアアソシエイトまでお気軽にご相談ください。

TEL:03-6682-8019 受付時間:平日10:00~18:00
無料相談はこちらから! chat
カイゴジョブパートナーズTOP