phone_iphone 03-6682-8019
受付時間:10時〜18時
(土日祝日・年末年始・GW除く)

介護職の副業。気になる実態や賢い副業とは

介護は本当にやりがいのある仕事だけど、収入面だけが不満といった方も多いではないでしょうか。裕福な生活は望んでいないけれど、子供の学費のため、自分の老後のため、家族を喜ばせるために、もう少し収入を増やしたい!そんな介護職の方に、副業の実態や働き方、注意点について説明します。

介護職の副業
   

介護職・介護スタッフの副業事情

   

介護職の給与水準の実態

     

厚生労働省の調査によると、「処遇改善加算I」を届け出ている施設・事業所に常勤で勤める介護職員の平均給与は、月給218,900円。この数字は、全産業の平均給与である月給324,000円を大きく下回り、介護職員の給与水準が低い傾向にあることを明らかにしています。

      

一方で、生活費の目安はというと、厚生労働省の調査研究では、単身の男性で142,000円程度、夫婦+子1人の家族で253,000円程度とされています。

      

つまり、家族をもちつつ介護職員として働く場合は、夫婦共働きではじめて、生活費をまかなうと共に多少のゆとりがある生活を送れることを示しています。反対に、妊娠中や、育児期間、そして親の介護が重なってしまった場合は、副業なり、他の収入を確保せざるを得ない状況とも言えます。

            

多くの施設で禁止されている介護職の副業

     

そんな状況の中、厚生労働省が兼業・副業を後押しする方針を推し進めようとしている一方で、施設や事業所では、就業規則によって副業を禁止しているケースが多く見られます。

     

しかしながら、介護の現場で働く方にとって、生活のためには背に腹は代えられず、副業を考えるのは自然な流れでしょう。また実際に副業をしている人も多いのが実態です。

 

介護職の副業のパターン

     

副業パターンの紹介

     

介護職の副業としては、2つのパターンが考えられます。

     

まず1つ目は、介護職として働きつつ、副業も介護職というパターンです。

介護の勤務パターンは様々ありますが、その中でも特に報酬の高い夜勤を副業としてプラスすることで、かなりの副収入を得ることができます。常勤の勤務先での休日を利用して、週1回、月4回の夜勤を追加している、という例もあります。

     

2つ目は、スポットで介護以外の仕事をするというパターンです。

イベント関係などスポット勤務が可能な仕事であったり、在宅ワークであったりと、介護とは全く無関係の副業をしている人も多くいます。時間と体力的に他の事業所で働くことが現実的に出来ないといった理由や、他業界を知ることで人間性を深めたいといった理由が多いようです。

         

副業する際の注意点

   

副業をするにはいくつかの注意が必要です。

   

まずは現在の職場の就業規則で副業の可否を確認しましょう。会社によっては、正社員はNGでもパートなら認めているというケースもあります。その場合は、後ろめたさを感じることもなく、副業を行えるでしょう。

   

もし万が一副業NGの会社に勤めつつも副業で働いてしまった場合は、確定申告の際に注意が必要です。

   

副業が会社に認識される原因の一つは、住民税の請求です。多くの会社は、住民税の納付方法を「特別徴収」にしています。この場合、副業も含めた全収入によって算出された住民税が会社に請求されるため、会社で支払っている給与との差額に気付かれてしまうため、発覚します。

   

そして一番大事な注意点は、自身の体調管理や自己管理です。副業に重きを置きすぎたあまり、体調を崩して本業に支障が出てしまい、収入が落ちてしまっては元も子もありません。本業と副業のバランスを常に意識して取り組み、本業に支障が出ないようにしましょう。

         

副業の働き方タイプ

   

副業の働き方としては、自由度や柔軟性の高い派遣やアルバイトが向いています。

   

派遣とアルバイト・パート、どちらの場合も挙げられるメリットとしては、短期間の仕事があること、現場の仕事が中心になるため管理業務が比較的少ないこと、都合の良い時間や曜日だけ働けること、辞めるに当たっての手続きが煩雑ではないことなどでしょう。

   

副業も介護職にする場合、さまざまな事業所を経験することは、自分の適性を見極められるだけでなく、介護スキルの幅を広げられることにも繋がるため、アルバイトや派遣ならではの特権と言えます。

   

さらに派遣の場合は、時給が高いことが何よりも魅力となります。介護福祉士など上位の資格を保有している人や、長年の介護経験のある人は、時給2,000円の求人も存在するため、家計の助けとなるでしょう。

   

反対にデメリットを挙げるとすると、アルバイトの場合だと、給与や勤務に関する不満があった場合、雇用主である勤務先に自分で交渉しなければならないというデメリットがあります。一方で派遣であれば、雇用主は派遣会社ですから、勤務先への面倒な交渉事は全て派遣会社が間に入ってくれ、デメリットが解消されます。

        

まとめ

   

最後に、全産業の中でも給与水準が低い傾向にある介護職にとって、副業を考えざるを得ない状況は多々あるでしょう。収入の安定といった面でも派遣での副業を考慮に入れてみるのも一つだと思いますので、少しでも興味がある方はぜひ一度ご相談ください。

   

経験豊富なカイゴジョブパートナーズのキャリアアソシエイトがご相談にのります。

  
  

キャリアアソシエイトがすぐに対応致します!

皆様の不安や疑問にもしっかりお答えし、お仕事の内容だけでなく今後のキャリアについても細かくお話しながら最適なお仕事をご案内いたします。 まずは弊社キャリアアソシエイトまでお気軽にご相談ください。

TEL:03-6682-8019 受付時間:平日10:00~18:00
無料相談はこちらから! chat
カイゴジョブパートナーズTOP