phone_iphone 03-6682-8019
受付時間:10時〜18時
(土日祝日・年末年始・GW除く)

介護の夜勤専従・夜勤専門の現状について分かりやすく解説!!

介護の仕事をお探しのみなさま。または、現在介護の仕事をしているが夜勤専従についてお考えのみなさまへ。介護の夜勤専従・専門の現状についてはおわかりでしょうか? この記事では、介護の夜勤専従の仕事についてわかりやすくまとめています。よろしければぜひご一読いただき、みなさまの今後のお仕事選びにお役立てください。

介護 事務

介護の夜勤専従・専門の仕事内容

介護の夜勤専従といっても、働く事業所のサービスによって変わってきます。特別養護老人ホームや老人保健施設などの、比較的身体状態の悪化された方の入居されている事業所と、有料老人ホームやケアハウスなどのやや軽度の方の入っておられる施設では、夜間に行われるサービスは少し変わってくることを前提にお読みください。

一般に介護の夜勤専従で求められる仕事は下記になります。

  • 入居者(ご利用者)の食事の介助(主に夕食)
  • 入居者(ご利用者)の排せつの介助(おむつ替え含む)
  • 入居者(ご利用者)の入浴の介助
  • 寝返りができない入居者(ご利用者)の夜間の体位変換
  • 入居者(ご利用者)の安否確認
  • 入居者(ご利用者)の緊急事態への対応

ほとんどが、日中のサービスと変わりません。逆に、日中によく行われているレクリエーションなどのサービスは(当たり前ですが)、夜間はほとんど行われていません。サービス付き高齢者向け住宅などの一部の事業所では、夜間の映画鑑賞などもあるようですが、あくまでも例外。

ほとんどが、ご利用者の身体介護の部分に時間が割かれていると考えてください。入浴の介助については、夜間に行われている事業所は実際ほとんどありません。入浴介助にはある程度の人員が必要になることから、大半は職員の多い日中に行われます。

介護の夜勤専従・専門のライフスタイル

介護の夜間専従・専門のライフスタイルは、事業所によっても異なってきますのであくまでも参考程度にしてください。まず、多くの事業所が17時~翌朝9時の勤務です。 また、夜勤明けといわれる翌朝9時の勤務は休みとなることがほとんど。多くの事業所では基本的に職員は週2日から3日の勤務です。

上記のことから、夜勤専従・専門で働く方の週のスケジュールは、例として下記のようになります。

  • 日曜日 夕方17時に事務所入り
  • 月曜日 朝9時に夜勤明け
  • 火曜日 休み
  • 水曜日 夕方17時に事務所入り
  • 木曜日 朝9時に夜勤明け
  • 金曜日 休み
  • 土曜日 休み

夜勤一回で二日分の労働時間を費やしている(17時から9時までで合計16時間)ことから、このようになります。あくまでの一例ですが、夜勤専従で考えると週休3日! このようなライフスタイルになるため、若いうちであれば休みの期間を様々な勉強に費やしている方も多くおられます。

介護の夜勤専従・専門職員として働くメリット・デメリット

介護の夜勤専従・専門職員として働くメリット・デメリットについて考えてみます。

[メリット]

  • 夜勤1回あたりの手当が良い
    多くの事業所が手当込みで2万円前後の日給となるように設定しています。週2~3回入るとすると、夜勤だけで月の給料が20万円を軽く超えてきます。

  • 事業所によっては比較的身体的負担が少ない
    サービス事業所によっては入居者が軽度な場合があり、寝てしまった後はあまり夜勤職員の仕事がない場合も多くあります。このような事業所の場合は、夜勤とはいっても仮眠等も十分に取れるため身体的負担が少ないことも多いです。ただし、あくまでも事業所の方針に左右されます。

  • 夜間人員は少ないため職員間の人間関係でわずらわされにくい
    実際の業務内容は大変であっても、夜勤は人間関係に悩まされにくいとは、たまに聞く話です。介護の職に就く方の中には、職場のコミュニケーションに悩む方も多くおられるため、夜勤のようにほとんどが少人数での仕事(ほとんど任せきりになる)のほうが向いているという方も多いのではないでしょうか。

  • 意外に休みが多い
    先ほどのライフスタイルの部分でも触れたように、シフトにもよりますが週に2~3日の休みがあります。ゆっくり休みをとることも大切ですが、資格取得など自己研鑽などに費やす方もおられます。

介護の夜勤専従・専門の勤務時間・勤務回数

介護の夜勤専従・専門で勤務する場合、一般的な勤務時間と週の回数は下記になります

  • 勤務時間 17時~翌朝9時
  • 週2~3回 (シフトによる)

月の勤務日数は10日~12日ほど。1回の勤務時間が16時間くらいに設定されているため、1回の夜勤で2日分働くと計算されています。仮に月10日勤務で良いと考えると、夜勤専従も悪くはありません。

介護の夜勤専従・専門の給料相場と夜勤手当

事業所やサービス内容にもよりますが、夜勤専従で働いた場合の給料や夜勤手当は、一般に下記がほとんどです。

1回の夜勤日給 約2万円
月の給料(10日勤務した場合) 1回2万円×10日=20万円

上記に、雇用形態によっては交通費や職務改善手当などが加算されます。事業所にもよりますが、給料を上げたければ夜勤の日数を増やせばよいということになります。どこの事業所も夜勤の人員確保には困っているため、本人さえ良ければ夜勤に積極的に入っていただける人材はありがたいはずです。

同じ介護職であっても日中勤務(月~金 9時~17時)の方の月の給料の多くが、15万円ほどであることを考えると、介護の夜勤専従の場合の給料はかなり良いです。

介護の夜勤専従・専門求人の探し方と選び方

介護の夜勤専従・専門で働く場合、求人をどのように探したらよいのでしょうか?正直言って多くの事業所によって夜勤ができる人材は欲しいはずですので、探すのに困ることはないと思います。ただし、設定されている手当は法人によって変わってきますから、しっかりと事前に調べてから応募しましょう。

また、業務内容も確認が必要です。夜勤専従・専門の場合は身体介護がほぼ間違いなく必要です。そのため、ある程度体力がないと続きませんから、どの程度の身体介護が必要な事業所なのかを、事前に調べておきましょう。加えて、いくら法人がしっかりしていても、夜勤は職員配置がどうしても手薄になります。このため、自分の力量が対応できるレベルにあるかも考えておきましょう。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございました。

介護の夜勤専従・専門に応募する多くの方の目的はお金を稼ぐことか、空いた時間をほかのこと(資格やほかの仕事)に費やす必要がある方かと思います。 逆に言えば、介護の夜勤専従・専門の仕事を目指される方は、仕事以外の時間をしっかりと使えると考えられます。

介護の仕事は「3K」と言われますが、こうして考えると介護の夜勤専従・専門を選ぶということは、これからの多様性のある社会の中でも有利になる業務かもしれません。 特に副業として今後は、夜勤専従・専門の介護職を選ばれる方も増えてくるかもしれません。

この記事をお読みいただいたみなさまは、どのように考えられましたか?よろしければ介護の夜勤専従・専門について、実体験やお考えをお聞かせいただければ幸いです。

     

キャリアアソシエイトがすぐに対応致します!

皆様の不安や疑問にもしっかりお答えし、お仕事の内容だけでなく今後のキャリアについても細かくお話しながら最適なお仕事をご案内いたします。 まずは弊社キャリアアソシエイトまでお気軽にご相談ください。

TEL:03-6682-8019 受付時間:平日10:00~18:00
無料相談はこちらから! chat
カイゴジョブパートナーズTOP