phone_iphone 03-6682-8019
受付時間:10時〜18時
(土日祝日・年末年始・GW除く)

デイサービスの派遣求人・働くメリット・デメリット

デイサービス(通所介護)で派遣として働くことを検討している方向けに、業務や働き方、メリット・デメリット、そしておすすめの求人情報をご紹介します。あなたにピッタリの求人探しに役立ててください。

デイサービス(通所介護)の求人情報

東京都大田区の求人

時給1,200円~
デイサービス
介護福祉士歓迎
日勤のみ

東京都小平市の求人

時給1,350円~
デイサービス
介護福祉士 歓迎
週三日からでも勤務可能

神奈川県横浜市の求人

時給1,235円~
デイサービス
日勤のみの勤務可能
初任者研修修了者 以上募集

※掲載している求人の、募集状況の確認はこちらから。

デイサービスでの派遣の業務・働き方はどんなものか

デイサービス・通所介護とは、要介護者が主に日中に食事や入浴、レクリエーションなどの機能訓練を受けられるサービスです。半日型・夜間対応のデイサービスや、お泊りデイサービスなどもありますが、今回は一日型のデイサービスで働く人の業務内容を一例としてご紹介します。

デイサービスの業務内容

一日型のデイサービスの業務は、午前中から夕方までの時間帯が対象です。ご利用者に対して入浴や昼食・おやつの提供、健康状態のチェック、レクリエーションなどを行います。

デイサービスにおける一日の働き方

ここでは、8時30分から17時30分まで勤務する施設を一例にご説明します。

8:30 出勤・朝礼で連絡事項の共有
9:00頃 ご利用者のお迎え・昇降補助、健康状態のチェック(バイタルチェック)
午前中 順次入浴に対して、入浴介助
12:00 昼食時の配膳・食事介助、食後の口腔ケア
午後 おやつの配膳や、レクリエーション等の実施
16時から17時頃 ご利用者の送迎・お見送
ご利用者帰宅後 必要に応じてミーティング・片付けや翌日の準備
17:30 勤務終了

業務時間中には、トイレへの誘導や排せつ介助であったり、連絡帳の記入を行うなどの業務もあります。入所型施設と比べると自立歩行が出来るご利用者も多いため、レクリエーションに関しては比較的バラエティに富んだものを企画・実施できるのも特徴です。

デイサービスで派遣として働くメリット・デメリット

メリットは、ご自身の都合に合わせて特定の曜日や、希望する時間帯で働ける職場があることでしょう。高い時給で、なおかつ週4日以下で勤務するという働き方も可能です。また日勤帯だけのデイサービスが多く、夜勤がないのも特徴とも言えます。

逆にデメリットもあります。契約期間が存在するため、責任のある管理業務を行う役職につきづらいことが多く、現場の業務が主な仕事となる点です。キャリアアップを目指す方や、施設の方針に対して意見のある方にとっては業務が限られるため、デメリットとも言えます。

デイサービスで派遣として働くのに向いている人・向いていない人

デイサービスの派遣として働くのに向いている人は、日勤のみ、週3日など柔軟な働き方をしたい方や、レクリエーションなどを通してご利用者と触れ合いたい方でしょう。

逆に向いていない人は施設内でキャリアアップを目指す方といえます。このような方は長期的に同じ場所で働けるという点で、正規職員・もしくは正社員になる前提で働くことの出来る紹介予定派遣がおすすめです。

まとめ

派遣としてデイサービスで働いた場合、現場の業務が中心となり、事業所の経営に関わることが少ないというのはデメリットともいえます。ただ、ご自身の都合に合わせて働けて、日勤のみというのは、ブランクがある方や、曜日で限定して働かざるを得ない人にはおすすめの職場・働き方といえるでしょう。

デイサービス(通所介護)の特徴や働き方を理解した上で、柔軟な働き方を希望される方は、デイサービスで派遣として働くことを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

キャリアアソシエイトがすぐに対応致します!

皆様の不安や疑問にもしっかりお答えし、お仕事の内容だけでなく今後のキャリアについても細かくお話しながら最適なお仕事をご案内いたします。 まずは弊社キャリアアソシエイトまでお気軽にご相談ください。

TEL:03-6682-8019 受付時間:平日10:00~18:00
無料相談はこちらから! chat
カイゴジョブパートナーズTOP