phone_iphone 03-6682-8019
受付時間:10時〜18時
(土日祝日・年末年始・GW除く)

介護老人保健施設(老健)の派遣求人・働くメリット・デメリット

介護老人保健施設(老健)で派遣として働きたいけど業務や働き方がわからない」という方に、メリットやデメリットをわかりやすく解説。あわせておすすめの求人情報をご紹介しちゃいます!

介護老人保健施設(老健)の求人情報

東京都江戸川区の求人

時給1,300円~
老人保健施設施設
介護福祉士歓迎
経験に応じて時給プラスあり

神奈川県川崎市の求人

時給1,235円~
老人保健施設施設
初任者研修修了者以上歓迎
夜勤なし

神奈川県横浜市の求人

時給1,300円~
老人保健施設施設
初任者研修修了者以上募集
日勤のみも可能

※掲載している求人の、募集状況の確認はこちらから。

介護老人保健施設での派遣の業務・働き方はどんなものか

介護老人保健施設(老健)は、入院治療を終えた方が、在宅復帰を目指してリハビリテーションや医療ケアを受ける施設です。

老健の業務内容は入所期間3ヶ月のロングステイが一般的ですが、他にデイケア(通所リハビリ)やショートステイなどのサービス形態を併設する場合もあります。介護職員の他に、医師、看護師、リハビリ療法士、機能訓練員、栄養士、支援相談員、ケアマネージャーなど、他職種のスタッフが連携して入居者のケアにあたります。

介護職員の一日は、朝の着替えの手伝いから始まり、朝昼夕の食事介助と、入浴介助、レクを行います。その間に、理学療法士や機能訓練員によるリハビリ施術を行うため、入居者との関わりが一番深い介護職員は、理学療法士や機能訓練員との密な連携が必要です。

介護老人保健施設で派遣として働くメリット・デメリット

老健で働くメリットは、医師の指導の元、介護業務を行えることにあります。また前項で挙げたように、多職種のスタッフが勤務しているため、職種の垣根を越えた交流があり、自分の見解や知識を深める機会が多いでしょう。そして何よりも、リハビリに興味がある方にとっては、理学療法士と連携して業務を行うので、在宅復帰に向けた介護を学ぶことができます。他にも、夜勤時には看護師や、医師が常駐している施設もあります。

老健の入居者は、最終的にはご自宅に帰ることを望んでいるため、あくまでリハビリテーションが中心です。入居者と最後まで関わりをもつことができないことは、老健のデメリットと言えるでしょう。

介護老人保健施設で派遣として働くのに向いている人・向いていない人

他の介護施設とは異なり、多くの職種が勤務しているため、他職種とコミュニケーションを取りたい方に向いています。また、在宅復帰に向けた介護を経験したい方には最適です。さらに夜間も看護師が常駐しているため夜勤への不安が解消されます。

老健の入居期間は長期でも3カ月が一般的です。入居者と長期間関わりたい方には老健は不向きかもしれません。また、あくまでリハビリテーション・在宅復帰が目的なので、利用者の生活援助、生活の充実に貢献したい方には同じく不向きでしょう。

まとめ

リハビリ、多職種連携、在宅復帰に興味のある方に老健は最適な職場です。他職種との連携や、在宅復帰に向けた介護の経験を得たいものの、働ける時間帯の都合で不安だった、という方でも、派遣であれば柔軟に働けますので、ぜひ一度お問い合せください。

キャリアアソシエイトがすぐに対応致します!

皆様の不安や疑問にもしっかりお答えし、お仕事の内容だけでなく今後のキャリアについても細かくお話しながら最適なお仕事をご案内いたします。 まずは弊社キャリアアソシエイトまでお気軽にご相談ください。

TEL:03-6682-8019 受付時間:平日10:00~18:00
無料相談はこちらから! chat
カイゴジョブパートナーズTOP